FC2ブログ

~season3~ 涙の再始動!!

リフォームの事ならなんでもお任せ!
さらにベトナムでのクロス実技指導も全てお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

ここベトナムでは、コロナも若干落ち着いたように感じます。
もちろん日によって、感染者の増減はありますが、
ゆっくりと普段の生活に近づいているかな。
そのような中、しばらく休んでいた学校を
やっと再開する事が出来ました

先日新しく学ぶ3人の実習生と話をしていると、
「日本で働きたい」とのとても強い決意を伝えてくれました。
まだ若い彼らの人生設計を自分たちの言葉で語るその様は、
本当に眩しかった
彼らの初々しい情熱に直に触れて、
今まで休校していたのが申し訳なく思えるぐらい
それと同時に彼らを一人前にする責任を今まで以上に重く感じました。

一時期コロナで少し弱気になっていたのが恥ずかしい
こんなにも希望を持っている若者がいるじゃない。
あなたたちの熱い気持ち、しかと受け取りました
今、目茶苦茶テンション上がってます
気の利いた文言が思い浮かびませんが、
魂ごとぶつかってやるぜ
絶対に一人前の職人にしてやるから覚悟しろよ
涙でモニターが見えませんので今回は短めに・・・。
スポンサーサイト



~season2~ 59歳の宇宙飛行士

リフォームの事ならなんでもお任せ!
さらにベトナムでのクロス実技指導も全てお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

コロナのごたごたもあり、
少々更新に時間がかかってしまいましたが、
しれっと続けさせていただきます

先日商社S様ハノイ支店の方々と会食をしました。
現在日本では会食はご法度との事を聞きますが、
ベトナムは以前ほどコロナの脅威を感じられず、
普通に会食が行われています
ベトナム-S社飲み会1

さて、S社ハノイ支店の支店長K氏と会場へやってきたK(2)氏。
(ややこしい・・・)
このK(2)さん、初めて会ったにもかかわらず、
もの凄い勢いで話しまくります。
それはそれはもうマシンガントーク
度肝を抜かれていたのですが、
話しを聞くとK(2)さん、御年59歳
定年まであと1年を残しての初めての海外赴任。
そしてベトナム語はもちろん、英語もほとんど話せないとの事。
さらに飛行機に乗ったのもほぼ初めて

心細かったのだろうな・・・。
分からない事だらけだものね
久し振りに日本人に会えて、タガが外れたのでしょう。
その姿を見て、自分はK(2)さんが、
初めて地球から飛ばされた宇宙飛行士のように映りました

しかし時間が経ち、アルコールが適度に入ると
さらに饒舌なベテラン宇宙飛行士へと変身。
もうK(2)さんは止まらない
ベトナム-S社飲み会2

酔った勢いで目が鋭くなり、自分の事を”侍”とも言っていたが、
私にはどうしても初心者宇宙飛行士のイメージが離れない。
何だかそのギャップが妙に面白くて、
久しぶりに時間を忘れて飲んでしまいました
私もベトナムに来たばかりの頃は
宇宙飛行士だったから気持ちが痛いほど分かりますよ。

ベトナムに送り出した商社Sさん、
この歳で初めて海外赴任を受けたK(2)さん、
どちらも一級のチャレンジャーだな
私も見習いたいです。
これからも引き続きよろしくお願いします

~season2~ 「ベトビルド」に参加!!

リフォームの事ならなんでもお任せ!
さらにベトナムでのクロス実技指導も全てお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

去年の11月にハノイで開催された
ベトナム最大の国際建築見本市「ベトビルド」に参加しました
ベトビルド20.11-1
この「ベトビルド」は建築に関わるものを、
ベトナム国内だけでなく世界中の企業が参加して
紹介・販売するとても大きな展示会です
お祭り好きの私は残念ながら私用で参加できなかったのですが、
代わりに私の息子が参加してきました
ベトビルド-2020.11-4
今回トップスはいつもお取引きをさせていただいている
M社さんとタイアップしての出展

壁紙や床材の商品説明、内装工具や機械の展示・説明・販売
などを行いました。
会場はとても広く、来場者が1日で全てのブースを
隈なく回るのは非常に困難
そのせいかは分かりませんが、余裕をもって5日間開催されます。
しかし5日間全て来れる方は稀ですよね。
そうなると一期一会。
無駄なく自分たちのブースに寄っていただくには何が必要か・・・
息子は考えたそうです
導き出した答えは”インパクト”
ベトビルド-2020.11-3
他の業者さんから被り物を借りて、チラシを手渡し。
少しでも興味を持ってくれた方には
カタコトのベトナム語でブースまで案内したそうです
被り物をした異国のポン引きのようで、
相手にとっては少々怖いですが、確実な方法です。
流石私の血を受け継いでいる。
そんな面白そうな事は私がやりたかった・・・
そしてブースに案内してからの商品や工具の説明は
さすがにカタコトだと厳しかったようで、
息子の可愛いベトナム人のお嫁さんにも協力してもらったとの事
ベトビルド-2020.11-7
この作戦が大成功して、お金を動かせる立場のお客様、
約300名の方と商談ができました
ベトビルド-2020.11-6
終わった頃にはあまりに人が多く立ち寄ったため、
ブース前のカーペットがボロボロになっていたそうです。

イベント後の息子の感想です。
「ベトナムは塗装の文化なので、壁紙施工の認知度は低く、参加前は少々ハードルが高いと思っていた。
しかし、日本の壁紙や床材、馴染みの無い工具や道具(糊付け機、糊練り機、パテ練り機など)の説明をしていくと、皆真剣に聞き入って、ハイレベルな質問が何回もあった。
ベトビルド-2020.11-5 ベトビルド-2020.11-2
恐らく今まで実際に見たり触れたりする機会があまりなかったのだと思う。
この展示会で日本の壁紙や施工に興味を持った方はかなり増えたのではないかな。
さらに様々な建築関係の方と知り合い、情報交換が出来たのも非常に有意義だった。」
との事。

大役おつかれ様
このイベントの後に施工依頼がガンガン入ってきたので、
驚いていました。
話を聞くまで何をしてきたのかあまり分からなかったけど、
色々考えて挑んでくれた結果なんだな。
どんどん成長する姿が頼もしいよ。
何はともあれ日本のクロス文化を広めてくれて嬉しい限り。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました

~season2~ トップスベトナムのお仕事part1

リフォームの事ならなんでもお任せ!
さらにベトナムでのクロス実技指導も全てお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

ベトナムでのコロナの影響は
少しずつ緩和されているような気がします。
もちろん今までに比べて様々な対策は必須ですが、
だんだんと正常な経済活動ができるようになってきています
しかし、大型の建築物の工事は
途中で止まっているところも多く見られます。
これは建物が完成してしまうと
その時点で多くの金利が発生してしまうため、
コロナの影響でまだ集客が望めないホテルなどは、
あえて工事を途中で止めてしまうのです。
したがって内装施工の営業も少々厳しいのが現状です

そのような中、トップスベトナムでは
”日本の施工技術や壁紙の良さを個人の方に知ってもらおう”
との思いから「日本式施工お試しキャンペーン」を始めました
日本式の施工は残念ながらベトナムではあまり馴染みがありません。
ベトナムはある意味おおらかで、
スケジュールはあってないようなもので、大方守られません
技術や仕上がりもあまり気にしないところが多いのです
しかし日本ではそうはいきません。
スケジュールを守るのはもちろん、キチンとした材料を使い
丁寧な仕事をして、仕上がりが美しくないと満足はいただけません
何より、私たち職人としてのプライドが
いい加減な仕事する事を許せません
また、ベトナムでは元来塗装文化のため、壁紙を製造していません。
塗装に比べると日本の壁紙の施工は少々高価となってしまいます。
しかし、機能や耐久性、仕上がりや見栄えなどは全く違います。
一度日本式の施工を見ていただければ必ず納得してもらえる、
との考えからこのキャンペーンが生まれました
対象はハノイの個人商店や一戸建ての方で、
文字通りのお試し価格「㎡=99,000vnd(ベトナムドン)で壁紙を張り替えます!」との内容です。

このキャンペーンを開始してからエンドユーザーさんからの
お問い合わせや注文が非常に多くなりました。
2か月間で42件の施工案件をいただきました
始めたばかりですが、予想を上回る反響が出て、
個人の方でも内装に興味がある方は多くいるのだと確信しました。
ベトナムで日本の技術や壁紙文化の定着に少しでも貢献できたら
これに勝る幸せはありません

まだまだ、どこも厳しい状況には変わりはありませんが、
色々あがくと明るい道も見えてきます
皆で頑張ってコロナ禍を乗り越えましょう

~season2~ 日本から常駐サポーター来越!!

リフォームの事ならなんでもお任せ!
さらにベトナムでのクロス実技指導も全てお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

ここ最近コロナ関連でも色々な事があります・・・。
しかしとても嬉しい出来事があったので
久し振りに更新させていただきました

以前からお付き合いのあるM社。
このM社のT氏がハノイに常駐いただける事になりました
トップスベトナム事務所のデスクを
一つ使っていただいております

M社は内装材の卸問屋。
弊社の実技指導を最初から認めていただき、
1期生から2名、2期生からも2名の実習生を採用。
「実習生だけでなく、ベトナムにも一緒に進出したい」
とのご要望があり、
今回T氏の常駐と相成りました

T氏には弊社が実技指導に使う材料の日本からの輸出を
いつもお願いしております。
またT氏はM社一筋で50代半ばのベテラン
内装材の事なら隅から隅まで把握している人物です。
このような方がベトナムに常駐していただけるのは本当に心強い

トップスベトナムでは今
現地の設計会社、デザイン会社、日系のゼネコンなど
を中心に営業をしています。
その営業にT氏がバイクの後ろに乗ってついてきてくれます
日本のクロスの貼り方などを説明するのに
日本人、しかも内装材のプロが同行する事により
説得力が段違いに高まります。

M社のK社長、
T氏という最高のサポーターを送り込んでいただき
本当にありがとうございました!
これからも精進いたします