アイアンハートのI君

リフォームの事ならなんでもお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

最近メキメキと頭角を現してきた当社の若手I君。
誕生日との事なので、普段の労をねぎらう意味も込めて
地元の居酒屋で誕生日パーティーを催しました
気配りの上手な彼の人柄もあり
どうしても抜けられない業務を抱えているスタッフ以外ほぼ全員参加
かなり大人数での誕生会になりました。

飲み始めてから直ぐにI君のボルテージは最高潮
時間が経っても下がる事なく常にハイテンション
そして彼は飲むと割と高い確率で脱ぎ始めます。
今回ももちろん脱ぎました

トップススタッフI-1

女性スタッフも慣れたもので引いたりはしません。
寧ろ煽ります
I君はますます調子に乗ります
しかしそのスタッフの一人が放ったセリフが衝撃でした。
「I君いい身体だけど、ちょっとポークビッツよね

彼は聞こえていたのでしょうか?
その後も彼の勢いは止まらなかったのですが
もし聞こえていて、そのテンションを持続していたのだとしたら
俺の想像を超えたアイアンハートの持ち主でもあるな。
恐るべしI。
そして君の生まれた日に乾杯
スポンサーサイト