FC2ブログ

中国へ行ってきました!!(少林寺編)

リフォームの事ならなんでもお任せ!
トータルインテリア・トップスの矢尾板茂幸です。

先日の続き中国珍道中です。
面接も無事に終わり、少々時間があったので、
河南省まで足を運び、前々から興味があった少林寺へ行ってみました。

少林寺1
満面の笑顔ですね

2010年に世界遺産に登録されたとの事。
やはり建物に威厳があります。
さて、到着してからしばらく経った頃「少林寺ショー」が始まりました。
ショーの中身はガラスの衝立の向こうに風船を置き、
針を投げたらガラスを突き抜けて風船を割ってしまう!?ものや、
鉄棒(円柱ではなく四角柱!!)を頭にぶつけて綺麗に三分割に折ってしまう!?
などなど、色々と尋常ではありません
う~ん、観光客を楽しませるモノだと思うのですが、
ミステリアスな雰囲気が薄れてしまうような・・・。

気を取り直して屋内へGO!

少林寺2
一緒に写真を撮ってくれたお坊さん。カッコイイですね

室内などを見るとそこかしこに修行をしていたと思しき形跡があります。
床がデコボコになっている部屋は修行僧達が頭を鍛えるために打ち付けた跡だそう。
台所は天井に近いところに棒が通してあり、
そこにぶら下がりながら炒め物などをしていたと聞きました。
また指の力を鍛えるべく木を指で突き続けたため穴が開いてしまうようです。

少林寺3
穴の開いた木。何となく気持ち悪い・・・

ここまでの穴を開けるにはかなりの年月が必要でしょ。
「この穴はAさん、まだ浅いこの穴はBさん」なんて
各自でテリトリーを決めながらやらないとここまで綺麗な間隔で穴開かないよな。
まあ、自分がノルマを与えられたらドリルで穴開けてからペーパーで擦って、
しれっと修行終わったことにしちゃう
何といっても内装職人だからね

少林寺見学の後、鳩料理に頭から噛り付いて周りのお客さんをドン引きさせたり、
(鳩の頭は食べないようです確かに気持ち悪かったもの・・・)
際限無く続く乾杯(かんぺー)の嵐に前後不覚になるなど
色々な事がありましたが、兎にも角にも感動させられる事が多い中国でした。
また近いうちに刺激を求めて行きたいなぁ。
スポンサーサイト

COMMENTS

面白いですね。
中国4000年の歴史

Re: タイトルなし

> 面白いですね。
> 中国4000年の歴史

はい、ショーとしてはとても面白かったですよ。
日本の忍者村みたいな感じですかね。
楽しませてくれようとする心意気が感じられました。
でも中国の人口は多いので、もしかしたら本物かもしれません?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)